ウラシマ・エフェクト

竜宮から帰って驚いたこと。雑感、雑想、雑記。

麦酒

チェコスロヴァキアの皿と燻しボック

10月の28日は、チェコスロヴァキア成立の記念日。祝日のプラハでは、まいとしヴィートコフの丘で式典が執り行われる。 そんなとき、皿が割れてしまった。 頭上の戸棚から、ペッパーミルと胃腸薬の瓶が落下した。これまた意想外なカップルが心中したものだ。…

チェコ最古の醸造所?

photo by urashima-e チェコ語にいう「klub」とは、便宜上「クラブ」と訳してしまうが、それで語感まで伝わるとはいいがたい。強いていえば、結社の自由というときの結社であり、ジャコバン・クラブとか、会員制社交クラブというときのクラブでもあって、一…

ビールの資格3選──アドバイザー、ソムリエ、テイスター

photo by Petra Solajova ビールに関わる認定資格について、3種類をとりあげてみた。ほかにもあるかもしれないが、独断と偏見にもとづく選択であり、比較であり、評価であることをお断りしておきたい。 ──その3つとは、ビアアドバイザー、ビアソムリエ、ビ…

ガンブリヌスとは誰だったのか。

ガンブリヌスといえば、ビールの王として名高い。鷗外森林太郎などは「麦酒神」と、その存在をまさに神格化してしまってすらいる。 南独逸の半ば以上を占め、ガンブリヌス(麦酒神)の恵みを受ける豊饒な国に九百三十万の民草を統治するバイエルン国王──十一…

チェコ製ペール・エールの最高峰【麦酒】

Matuška Apollo Galaxy, photo by urashima-e チェコのクラフトビールの水準も上がったとはいえ、ブリュードッグ、ソーンブリッジ、ミッケラー等々といった、すでに世界的なブランドと化した業者の製品と飲み比べてしまうと、やはりまだ劣っている観もまた否…

オクトーバーフェスト気分

Hacker-Pschorr Original Oktoberfest シズオカ・ショックとは言い得て妙、ラグビー戦勝の興奮もさめやらぬていで、きょうはもう飲みに行くしかないと勇んで、いきつけの店にやってくると、毎年恒例のオクトーバーフェストをやっている。 ……といっても、ミュ…

ザッハートルテ【麦酒】

Lucky Bastard/ Hellstrok Sacher dort ザッハートルテといえば、ささやかではあるにせよ、ウィーン観光の目玉のひとつで、これをアインシュペンナーやメローンジュと呼ばれるコーヒーといっしょに試食するのを、世界中からやってくる観光客がたのしみにして…

イターロ・ディスコ【麦酒】

Berliner Berg Italo Disco 名称:Berliner Berg Italo Disco ビアスタイル:ベルリーナー・ヴァイセ 初期比重:10° アルコール(ABV):3.9% 醸造者:Berliner Berg Brauerei 生産地:ベルリーン、ドイツ 奇を衒った命名も、クラフトビールの醍醐味の一部な…

ジューシーな反逆児(7歳)【麦酒】

Tiny Rebel and DEYA NEIPA Tiny Rebelは、2012年、ウェイルズはニューポートに、祖父から醸造の手ほどきを受けたというギャレス・ウィリアムズが、ブラドリー・カミングスとともに立ち上げたマイクロブルワリー。その後の快進撃は、周知のとおり。やはり「H…

ピンクの都【麦酒】

Jaipur IPA 名称:Jaipur IPA ビアスタイル:アメリカンスタイル・インディア・ペイル・エイル 初期比重:14° アルコール(ABV):5.9% 醸造者:Thornbridge Brewery 生産地:ベイクウェル、ダービシャー、UK ウェブサイトで高らかに述べられているが、「6次…

時計じかけのAmarillo【麦酒】

時計じかけのアマ…… "Amarillo"といえば、Virgil Gamache Farms社の人気ブランドで、風味やアロマの点で"Cascade"を強化したようなホップであるとよくいわれている。 テキサス州には同名の都市もあり、米語の発音(/ˌæməˈrɪloʊ/)をカタカナで音訳するとした…

グラマンがきたぞー!【麦酒】

3月10日は、東京大空襲の平和祈念日であった。その頃のんだ麦酒。 Matuška Hellcat──低温白濁は無い 「グラマン」の通称で、戦中は一般庶民にも恐れられた米海軍の艦上戦闘機、F6F ヘルキャット──それに由来する名の製品である。 もともと醸造所では、ノース…

祈りの燻色、春のルビー色。【麦酒】

このところ、まいとしこの時期にいただいている旬のもの。ファッシングFasching(謝肉祭)、ファストナハトFastnacht(断食の夜、懺悔の火曜日)などとよばれる火曜日がすぎたらば、ファステンビーアだ。 世界一のラオホ、とも。 名称:Aecht Schlenkerla Ra…

トロピカル・ロケット【麦酒】

トロピカルtropicalといえば、「熱帯の」「酷暑の」「回帰線の」「隠喩的な」といった意味であることは間違いない。が、麦酒においては、もっぱら、比喩的に「トロピカル・フルーツ」を意味している。むろんこれは、じっさいにその種の果実をぶち込んでいる…

ビールの都の完璧なピルス【麦酒】

バンベルクは「ビールの都」としてつとに名高い。 日本では、たとえば香川県が「うどん県」を名乗るが、バンベルクは「ビールの首都」を高らかに自称している。 "ビーアシュタット"(ビール都市)のインターネット・ドメインも、バンベルクの団体がおさえて…

ゴンゾウさん【麦酒】

GONZO Imperial Porter, Flying Dog 店の入り口には、飲み友達の死亡を伝えるA4版の紙が貼られている。音響監督として四半世紀にわたって勤務していた、となりの劇場に掲示されていたものだったのだろう。はやいもので、ことしの3月6日で2年になる。 春の兆…

CITRA®の時代【麦酒】

こんな時代がきたのだ──Chroust Age of Citra 『エイジ・オヴ・エンパイア』というMicrosoftのゲームのソフトがあった。どのくらいのまえの話だろう。15年くらいまえ? あの頃、まだ存在しなかった品種のホップ。それをフィーチャーしたIPA。その名も「エイ…

プロイセンの木苺【麦酒】

はじめてベルリーンに旅したのは、もう20年も前になってしまった。ミーハー旅行者だから、とうぜん、名物「ベルリーナー・ヴァイセ」を飲んだ。「ベルリーナー・キンドル」ブランドが、つとに名高い。 大の男がのむもんじゃあないけどな──というのが、その後…

ボヘミアン・ブリュト、プラハの辛口

OP/ Cobolis Brut IPA 隣接したり、先行する分野の用語を借用するのは、どのようなセクターでも、よくあることだろう。 麦酒の業界では、ワインの用語がそれにあたる。ワイン醸造が、もっとも洗練された理論的なバックグラウンドを有している──と思われてい…

ヴァイツェン且つドッペルボック

温故知新、というか。由緒あるクラブチームが、外人助っ人の力を借りて、あらたな地平を切り拓いた──というような話かしらん。 アルコール度が高いのに、ドリンカブル。のみやすくて、こまってしまう。 名称:Schneider Weisse TAP 5 Meine Hopfenweisse ビ…

珈琲、チョコ、冬の名残り【麦酒】

小鳥が唄いはじめた。昼間には、お天道さまも拝めるようになってきた。春はもう、すぐそこ。 ──などとおもいながら、冬の名残りのウィンター・スペシャルをのんだ。〈ルージュ〉や〈トリプル〉でおなじみの「カスティール」ブランド。冬季限定醸造。 名称:B…

あらゆる猫はうつくしい【麦酒】

All Cats Are Beautiful... このフレーズは、_Urban Dictionary_によると、"All cops are bastards"を意味する4文字、"ACAB"を読み替えたスラングという説だが──それはどうでもいい。いずれにしても、猫はうつくしいのだから。 名称:All Cats Are Beautiful…

黄金のロケット【麦酒】

探査機「はやぶさ2」を、小惑星〈リュウグウ〉にタッチダウンさせる計画がすすんでいる──という報道があった。2月22日に予定されている。 閑話休題。さいきん飲んだ麦酒。 名称:ズラター・ラケタ ビアスタイル:アメリカン・インディア・ペイル・エイル 初…

冬の混乱──Winter Mess 【麦酒】

北米に記録的な寒波がきていたらしい。パリでは、「ジレ・ジョーヌ」たちの反政府運動がつづいている。英国のEU離脱も、予断を許さない。──もう、立春だというのに。 閑話休題、昨夜のんだ麦酒。 Winter Mess 名称:Winter Mess (2018) ビアスタイル:ベルジ…