ウラシマ・エフェクト

さいきん竜宮城から帰って驚いたこと。雑感、雑想、雑記。日本語。唎酒師、ビアテイスター。

ノートル=ダムの火災

 2019年4月15日、パリの中心「ポワン・ゼロ」の正面にたつ、ノートル=ダム大聖堂で火災が発生した。

f:id:urashima-e:20190416190437j:plain

 

 大勢が詰めかけた現場付近では、燃え盛る炎をみながら泣き崩れるひともあった。

ct24.ceskatelevize.cz


 屋根全体の3分の2が焼失し、およそ90メートルの高さを誇ったという尖塔も崩落した。

 が、そもそもその尖塔が火元ではないか、という見解が有力になっている。一年ほどまえから、600万ユーロを投じた尖塔の修復プロジェクトが進行していたためで、足場からの失火の疑いで調査が行われているという。

www.bbc.com

courrier.jp

www3.nhk.or.jp

 

 地元の人びとにとっての存在の大きさはいわずもがな、近年ではディズニーが作品化したことで、ユゴーの『ノートルダムの鐘』に脚光が集まるなど、世界中の人に近しく思われるようになっていたようだ。各国首脳の声明をみるにつけても、なにか文明世界のシンボルの喪失のようなニュアンスを、この突発的で不幸な事故に見いだし、共有しているかのようにも読めた。

 そんな世界で共有された喪失感とは別に、このショッキングで、悲しいできごとから、むしろ直接の関係がないミシェル・ウエルベックの小説を思い出してしまった。集団的アイデンティティの喪失と、不吉な未来の予感……。

服従 (河出文庫 ウ 6-3)

服従 (河出文庫 ウ 6-3)

 

  

f:id:urashima-e:20190416192247j:plain

在りし日のノートル=ダム

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

参)

 

 

 

イターロ・ディスコ【麦酒】

f:id:urashima-e:20190404060527j:plain

Berliner Berg Italo Disco
  • 名称:Berliner Berg Italo Disco
  • ビアスタイル:ベルリーナー・ヴァイセ
  • 初期比重:10°
  • アルコール(ABV):3.9%
  • 醸造者:Berliner Berg Brauerei
  • 生産地:ベルリーン、ドイツ

 

 奇を衒った命名も、クラフトビールの醍醐味の一部なのだから、それも十二分に味わうべきだ。
 この製品も、神がかった霊感でもって名づけられたかのようだ。

 

 1970年代後半から80年代にかけての一群の楽曲を「イターロ・ディスコ」と呼びはじめたのは、ドイツ人であった。日本では、大雑把に「ユーロビート」などと呼ばれていたジャンルに含まれるらしい。聞き慣れないとすれば、そのせいだ。

 主としてイタリア人がへんてこな英語で、シンセサイザーを駆使したメロディアスな曲に合わせ、情熱的に歌うのだ。

 いまあらためて、YouTubeSpotifySoundCloudを利用して聴いてみると、「80年代的」としか言い様のない、ある種の過剰さがなんとも懐かしく、やみつきになりそうでもある。

 

 ベルリーナー・ベルクの《イターロ・ディスコ》も、夏の日の校庭でスライスされたレモンをしゃぶっているような、ありそうでなかった味を思い出すがごとく、そんな奇妙な懐かしさを覚えながら、やみつきになってしまうかもしれない。

 バジルとレモンの風味がつけられ、あくまで淡色、ボディも軽い。酸味は強烈だが、予期した以上のものではない。バランスがとれているということか。とまれ、レモンはつよく感じても、いわれなければ、バジルにはちょっと気がつかない。

 この過剰さと単調さの調和が、にこにこしながら乳を揺するイタリアの歌手を想い起こさせる仕掛けなのだろうか──ベルリーンの飲み助たちにとっては。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

New Italo Disco Top 25 Compilation, Vol. 1

New Italo Disco Top 25 Compilation, Vol. 1

 
 
DISCO ITALIA ; ESSENTIAL ITALO DISCO CLASSICS 1977-1985

DISCO ITALIA ; ESSENTIAL ITALO DISCO CLASSICS 1977-1985

 
Italo Disco Hits Vol.1: Collector's Edition

Italo Disco Hits Vol.1: Collector's Edition

 

 

 

ジューシーな反逆児(7歳)【麦酒】

f:id:urashima-e:20190403003910j:plain

Tiny Rebel and DEYA NEIPA

 

 Tiny Rebelは、2012年、ウェイルズはニューポートに、祖父から醸造の手ほどきを受けたというギャレス・ウィリアムズが、ブラドリー・カミングスとともに立ち上げたマイクロブルワリー。その後の快進撃は、周知のとおり。やはり「HADOUKEN Amplified IPA」の衝撃が、とくに記憶に新しい。「波動拳!」だけに……

 

 その「ちっちゃな反逆児」が早くも7周年を迎えるにあたって、記念となる製品群をリリースしている。本品は、Deya Breweryとのコラボ。その名も「Tiny Rebel and DEYA」。

 

  • 名称:Tiny Rebel and DEYA NEIPA
  • スタイル:アメリカンスタイル・インディア・ペイル・エイル(ニューイングランドIPA
  • アルコール(ABV):6.8%
  • 醸造者:Tiny Rebel Brewing
  • 生産地:ニューポート、ウェイルズ、UK

 

 自社のサイトでは、"juice bomb"ということばで推している。使用ホップをみるとその意図が推測できる── "HOPS: CITRA CRYO, SIMCOE CRYO & AMARILLO CRYO"

 ──どれもクラフトビールではお馴染みの品種のホップだが、それぞれの「Cryo(クライオウ)」版がもちいられているとわかる。

 これは、Yakima Chief-Hopunion有限責任会社の有する新しい技術を適用した製品のシリーズ。公式サイトによると、ホップの鞠花を液体窒素によって凍らせた状態でルプリン腺を苞葉から分離して、パウダー状にしてしまう。流行りのニューイングランドIPAなどの醸造にはとくに、すくなくない量のホップが必要になるが、おおくのばあいユーザーは渋みを感じてしまう。このDenny Connというひとの説明によれば、同社のCryoシリーズの製品を用いれば、この手の収斂味や草臭さという問題を完全に解決できるうえに、同製品は苦味を供給するアルファ酸も、従来のペレット型の製品に比べると極端に多く含有している、という。

 「ジューシー」といえば──外交に長け、支持率や人気は高いが、語彙だけは貧弱である、わが国のお茶目な内閣総理大臣が、ものを試食するとカメラの前でかならず発する語だが──ほんらいは、こうした革新的なホップ製品が駆使された、まさにこの一杯のためのためにこそ存在することばなのであった。

f:id:urashima-e:20190403004505p:plain

 

 

令和元年へ。

f:id:urashima-e:20190402005923j:plain

 

 今月いっぱいで、とうとう平成が終わる。いろいろの手続きが進捗している。

 

kanpou.npb.go.jp

 

 新元号が「令和」に決まった。「りょう」とも「な」とも読みたくなる字面だけれども──「れいわ」。相変わらずおばかなIMEを搭載しているMacが、すぐに覚えてくれるはずもなく、すぐにユーザ辞書に登録してしまった。おなじApple一家でも、末っ子のiPhoneちゃんのほうが、そのあたりの語学に関しては一日の長がありそうだ。勝手に覚えてくれるだろう。

 「令」は初出だが、「和」のほうは約30年ぶり、歴史上20回目の採用ということで、違和感がない。平成よりもむしろ、元号らしいという印象を受ける。また、昭和が半分だけ戻ってきたような感じもある。

 

 初春の令月にして、気淑[よ]く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披[ひら]き、蘭は珮後[はいご]の香を薫らす

 

 宴の歌からとったという号には、具体的なヴィジョンが伴っている。みやびである。令月に風は凪ぎ、梅、薫香──とくれば、やはり酒だろう。そもそも宴のくだりに典拠をもとめた、冷たい字面の背後に華やいだ雰囲気を感じさせようとした造語なのか。

 李白ならば、月下に孤独をかこちながら杯を呷っていたところだろうが、大伴旅人は、官舎に仲間を招いてのどんちゃんである。だれもかれも酔っていたのだろう。なにか幻想的なイメージもある。比喩とはいえ、実在しない鏡前の粉だ。そこから澁澤龍彦の耽美的な短篇も思い出す。商家のぼんぼんが梅林に迷い込むと、そこに謎めいた美女がいるのである。梅かおる季節の一夜の夢。すべてはまぼろしにおもえる。

 

 詩的な曖昧さのいっぽう、やや含蓄に欠けるものの、きれいだ。これを要するに、きわめて「美しい国、日本」的な決定であった。

 

参)

www.nikkei.com

 

note.mu

 

finalvent.cocolog-nifty.com

 

参)追加。

 

togetter.com

 

finalvent.cocolog-nifty.com

 

考案者とされる中西進氏による啓蒙書や入門書: 

万葉の秀歌 (ちくま学芸文庫)

万葉の秀歌 (ちくま学芸文庫)

 
中西進の万葉みらい塾 はじめての『万葉集』

中西進の万葉みらい塾 はじめての『万葉集』

 
中西進の万葉みらい塾

中西進の万葉みらい塾

 

 

  

中欧・鉄道テロ未遂犯の逮捕

 

f:id:urashima-e:20190329030043j:plain

ドイツ鉄道が誇る高速列車・ICE(イメージ)

 

 シリアでは、イスラーム国(IS)の拠点がすべて制圧されたと伝わっている。BBCの記者は、これで終わりではない、と数日前、警告した。

www.bbc.com

 

 予言を裏づけるかのような、逮捕劇が中欧で起きている。

 ドイツにおいて鉄道をねらったテロに関わった咎で、ふたりの男がプラハで逮捕されたのだ。
 記事を読んでいるとこれが、映画か、刑事ドラマか、というような経緯だ。

 

 2019年3月27日水曜日、プラハ=ルズィニェのヴァーツラフ・ハヴェル国際空港に降りたった直後、ふたりは地元警察に拘束された。ドイツの高速列車、ICEへのテロ攻撃 に関与した疑い。オーストリア憲法擁護及びテロ対策庁から発給された、ヨーロッパ共通の逮捕状にもとづいた逮捕だった。

 2018年10月7日、ニュルンベルクミュンヒェンの間の線路上に、直径0.8センチの鋼鉄製のワイヤーを張った。ワイヤーが脆弱すぎたために、列車も乗客も影響を受けず、通過した。12月23日には、ベルリーンの線路上に、同様にワイヤーを仕掛けたが、これも失敗に終わった。現場で、ISの旗が描かれた犯行声明文が発見されている──と報じられている。

 じつは、月曜日にウィーンで別の男が、オーストリア共和国・対テロ特殊部隊コブラによって逮捕されていた。男がコピー店で手紙を複写した際、原本をコピー機上に忘れていった。ここから検出された指紋が、ドイツの警察のデータベースにあった現場に残された指紋と一致したことが決め手となった。この42歳のイラク人が、プラハで拘束されたふたりと共謀してテロ攻撃をおこなったとされているが、当人は否認している。

 男は、サッダーム・フセインの後継者と目されていた。バグダード生まれ。訓練を受け、15年ものあいだ軍に奉職。2012年、亡命をもとめてオーストリアに入国する。その後、民間の警備会社に勤務し、家族をもうけた。先日のクライストチャーチでの銃乱射事件の際には、武器をとって復讐するよう、Facebookをつうじて、ムスリムたちに呼びかけていたという。

 

参考)

kurier.at

www.krone.at

www.lidovky.cz

2019年3月の交通トラブル

 1年に3回ほど起こる「水星の逆行」の期間には、占星術師たちは注意喚起に余念が無い。曰く、通信、情報伝達、コミューニケイション、相場、商取引、交通等々に混乱が生ずる、というのだ。

 ふりかえってみると、今回(2019年3月6日から28日まで)の水星の逆行期間にも、交通をめぐる大小のトラブルが報じられていた。5つとりあげて、まとめてみたい。


1)3月10日:エチオピア航空302便墜落事故

 新鋭機ボーイング737MAX8が墜落した。アディスアベバ発ナイロビ行きの便で、国連関係者がおおぜい利用していた。新鋭機が、半年の間もあけず乗員乗客全員死亡の大事故を再び起こしたことに、世界が衝撃をうけた。
 新設の失速防止装置MCASに関連してセンサーに不具合があったのではないか、という説が以前からあったが、どうやらそのMCAS自体の解除の方法と、それに関する周知や訓練の不足が原因ではないかという見方が出てきている。

gigazine.net


2)3月23日:ヴァイキング・スカイ号漂流事故

 ノルウェイ船籍の大型客船ヴァイキング・スカイのトラブル。4基のエンジンが一時すべて故障し、航行不能になった。1373人を乗せたまま、ムーレ・オ・ロムスダール沖を漂流した。当該海域の波高が、6ないし7メートルもあり心配されたが、無事にモルデ港にはいった。さいわい犠牲者はいない模様。ヴァイキング・スカイは、2017年就役の新造船。

www.cnn.co.jp

参)ヴァイキング・スカイ号のプロモーション映像:

www.youtube.com


3)3月24日:日本政府専用機の新旧交代式典の開始が雪のため遅延

 4月の新年度を迎えると、ボーイング747-400が退役し、同777-300ERがあらたに任務に就く。その式典が、航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)で執り行われた。報道によれば、11時に開催だった予定が、雪で関係者の到着が遅れたため、正午からの開始に変更された。

www.nikkei.com

 

www.youtube.com

 

4)3月25日:ドイツ行きBA3271便、無事スコットランド到着

 ロンドン(LCY)発「デュッセルドルフ行き」の、ブリティッシュ・エアウェイズBA3271便が、「エディンバラに」到着した。
 コードはBAながら、運行はドイツのWDL Aviation社が行なっており、同社が誤った飛行計画を作成、提出していた。そのため、運行スタッフはエディンバラが目的地だと信じて疑わなかった。

 機長がエディンバラ空港への着陸をアナウンスすると、乗客はこれを冗談だと受けとった。けっきょく、着陸後あらためてデュッセルドルフへ向かった。2時間半もの駐機にたいする不満の表明も記事にはあるが、乗客はおおむね、この珍しい体験をおもしろがっていた旨、報じられている。──むしろ、だれが機長に非を認めさせたのだろうか。

www.cnn.co.jp

www.bbc.com

https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/5D30/production/_106165832_barouting-nc.png

参)当日の飛行ルート:

Playback of flight BA3271 / CFE1JB

www.flightradar24.com

参)WDL社の同型機(BAe 146-200):

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/dd/BAe_146-200_WDL_Aviation_%289347127930%29.jpg


5)3月27日:サウスウエスト航空の737MAX機、エンジン不具合

 フロリダ州のオーランド国際空港を出発した、米サウスウエスト航空の737MAX機が、エンジンの不具合のため引き返した。

 前述のエチオピア航空の事故を受けて、同型機の運行は停止されていたが、乗客を乗せない機材自体の輸送を目的とする飛行(廻航)は行なわれていた。パイロットらは肝を冷やしたことだろう。

jp.reuters.com

www.cnn.co.jp

 

 

ピンクの都【麦酒】

 

f:id:urashima-e:20190325083108j:plain

Jaipur IPA
  •  名称:Jaipur IPA
  • ビアスタイル:アメリカンスタイル・インディア・ペイル・エイル
  • 初期比重:14°
  • アルコール(ABV):5.9%
  • 醸造者:Thornbridge Brewery
  • 生産地:ベイクウェル、ダービシャー、UK

 

 ウェブサイトで高らかに述べられているが、「6次元的ホッピング経験から生み出された」と機械的に訳すも、クオリア次元論など解さぬ場合、「第六感的」と理解してしまってもよいものか──いずれにしても、経験則から、ひじょうに複雑にして適切な風味、香味を醸すことに成功している。使用ホップは、それかあらぬか6品種が挙げられている:Chinook, Centennial, Ahtanum, Simcoe, Columbus, Cascade.

 複合的な香りではあるが、柑橘類の香りがつよい点では、古典的なアメリカンIPAといえる。心地よい苦味の反面、モルトの味わいもあるいっぽう、液色の清澄さはしかしブリリアントの域で、低温白濁が許容されているこのビアスタイルにあって、印象的ではある。

 

 ソーンブリジは、もっとも成功しているクラフト・ブルワリーのひとつであるといわれている。

 じっさい、スコットランドの "BrewDog"、ウェイルズの "Tiny Rebel"と並ぶ、イングランドクラフトビールの雄という観がある。しかし、とくにBrewDogの過激さにくらべると、実直な印象しかない。

 2005年の創設、2009年の施設移転以来、すでに多くの人気銘柄を有するが、とりわけこの《Jaipur》といえば出世作にして、いまだに同社のフラグシップでありつづけている。公式サイトによれば、世界の100以上の賞を受賞している、という。

 主な受賞歴だけでも、以下のようになっている:

2016 – 4 Stars. International Wine and Spirits Competition
2016 – Bronze. International Beer Challenge
2016 – Gold, IPA United Kingdom. World Beer Awards
2015 – 3 Stars. Great Taste Awards
2015 – UK Top 50 Food and Drink. Great Taste Awards
2014 – 3 Stars. Great Taste Awards
2013 – Europe’s Best IPA. World Beer Awards
2013 – Gold, IPA. SIBA
2011 – World’s Best Keg Ale. Brewing Industry Awards

 

 「ジャイプル」とは、現在におけるラージャスターンの州都にして、18世紀のジャイ・スィング2世の遷都以来、ラージプートの歴史的王都である。アーメール城砦、風の宮殿、ジャンダル・マンタル(日照計測施設)など、かつての藩王国に由来する観光資源も豊富で、壁面のピンク色が支配的な景観が特徴的なことから、"Pink City" の異名もある。──この色彩は、ラベルのデザインにも採り入れられているのだろう。

 

f:id:urashima-e:20190325083755j:plain

 INNOVATION, PASSION, KNOWLEDGE — Thornbridge... モットーがちゃんと脚韻を踏んでもいる。いろいろの美意識が素敵だ。

 

https://pbs.twimg.com/media/D2VDZOIXQAAlRuK.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DhWjuWhWsAE-m5b.jpg