ウラシマ・エフェクト

竜宮城から帰って驚いたこと。雑感、雑想、雑記。日欧ブログ……?

狡兎死してクルド烹らる──中欧ファストフード事情から

f:id:urashima-e:20191016002802j:plain

Photo by Nathalie Dulex

 ケバブ。旅行の際など、お世話になった向きも多いであろう、ドネル・ケバブ──

 大戦後の西ドイツでは、労働力不足からトルコ人移民が歓迎された。結果、ケバブといえば、カリーヴルストやポムス・ロート・ヴァイスなどのB級グルメとともに、いまや久しく「ドイツ名物」になっている。

 いっぽう、戦後まもなく共産化したチェコスロヴァキアでは、モラヴィアを中心に、ギリシア内戦を逃れた共産党系のギリシア人難民が住まった。それもあってか、チェコ語ではケバブに似たファストフードは、ギリシア風に「ギロス」と呼ばれることが、つい最近まではわりと一般的であった。

 その後も、繰り返される紛争や和平のたびに、多様な移民や出稼ぎ組がやってきた。そのためかしらん、昨今のチェコ語の会話では、むしろ「ギロス」ではなく「ケバブ」と呼ばれることが多くなってきているようにおもわれる。

 1990年代に数のうえでピークをみたヴィエトナム系の移民は、まだ「ギロス」と称して、我流のジャンク・フードを売っていたものだが、やがてコソヴォアルバニア人など、バルカン勢が「ケバブ」を焼くようになり、イラク戦争やシリア内戦以降は、イラク人やクルド人ケバブ店がみられるようになっている。他方で、ギリシア式の本格「ギロス」を出す店も現れた。それだけケバブ・ショップも多様化しているのだ。競争もあり、かつてのヴィエトナム人の模造品にくらぶれば、風味や品質は飛躍的に向上したが、もとはと言えば、それにはバルカンや中東の情勢が影響をおよぼしていた、ともいえよう。

 

 先日、米トランプ政権が「不関与」を発表したことは、トルコにとっては軍事作戦へのゴー・サインとなった。かつてアメリカは、「不介入」宣言を出して、イスラエル中東戦争へのゴー・サインを出したことがあるが、これも同様の「介入」である。その後、国連安保理の枠組みで形ばかりの非難を表明し、シリア領内に侵攻したトルコを牽制するポーズをとったが──IS討伐に協力してきたクルド人は良い面の皮である。

 2014年「建国」を宣言したISが急激に勢力を増し、発生した難民は、ヨーロッパにとって巨大なアポリアとなった。英国のEU離脱問題にもつながっているが、現在もさまざまな影を落としている。

 すでに民間人にも犠牲者が出ており、ISの戦闘員が収容されていたキャンプから逃亡したとも報道されている。テロリズムや難民といった問題が再燃する恐れもある。

 

*参考:

www.bbc.com

www.bbc.com

 

カリーヴルストウィキメディア・コモンズ):

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Currywurst_pommes_vw_autostadt_cylinder.jpg

NutriChef PKRTVG34ローテーションケボブクッカー垂直ローゼリーオーブン

NutriChef PKRTVG34ローテーションケボブクッカー垂直ローゼリーオーブン

  • 出版社/メーカー: NutriChef
  • メディア: ホーム&キッチン