ウラシマ・エフェクト

竜宮城から帰って驚いたこと。雑感、雑想、雑記。日欧ブログ……?

人民の阿片

f:id:urashima-e:20200428020417j:plain

photo by Monica Volpin

 新たな感染者の伸びをチャートで毎日追っている向きも多いだろう。ここにきて国によっては、当面の医療崩壊が避けられそうな気配が見えてきた。日本でも緊急事態宣言をいったん終了させることも可能であろうと、種々の分野の研究者がブログなどで言い始めた。ただ、たいてい元からの宣言不要論者のようではある。責任を伴う医学や疫学のひとが言明しないのは、連休が過ぎぬうちは時期尚早ということもさることながら、確証なしには何も言えないためではあろう。PCR検査の精度にも疑問符がついた今、抗体検査の実施が望まれるのも無理はない。そして、専門家会議の言質さえ取れれば、それを受けてこんどは政治家が動ける。コロナ肺炎による死者を400人に食い止めたとしても、いっぽうで1800人の自殺者を出していたら如何にせん……というような批判の声もすでにあがっている。

 医師の言うことと、疫学者の言うことが異なっても当然であるが、経済学者にもまた言い分がある。けっきょくは、それぞれが自らの利害に基づくポジショントークを繰り広げているに過ぎない。こうしたときの調停、ないし利益の分配という役目を負っているのが政治であることは言を俟たない。そしてSNSを見るかぎりでは、民主的に選ばれた代表が「医療崩壊を防ぐために外出自粛に協力してよ」と言ってるんだから、できるかぎりそうしてあげようよね、というひとが日本には多いようで、なんというか健気で、また日本的といわれればまさにそんな感じだとも思った。

 ところで、民間の調査会社による世論の各国比較が報道されていた。注目を集めていたのが「ウイルス拡散防止に役立つなら、自分の人権をある程度犠牲にしても構わない」という命題に「そう思う」と回答したひとの割合が、日本では30か国中最低の、32パーセントであったというものである。1位はオーストリアで95パーセント。30か国の平均は75パーセントだった、とつたえられている。

 聴き取り調査の時期と、その間の感染者拡大の段階も各国間で異なっている以上、調査そのものはともかく、そもそも乱暴な比較ではある。しかしなによりも、この手の各国比較の世論調査の数字というのは、翻訳というプロセスが噛んでいるがために、まったくあてにならない。

 日本では、じっさいには多くのひとが自粛の「要請」にたいして「人権」など度外視して「協力」で応えており、そのため、やたらパチンコ店の利用者が目立つ事態ともなっているが、それは数少ない例外だからであろう。つまり、日本の回答者は「人権」という概念がおそらくよくわかっていない。これはTwitter上にもさかんに寄せられている感想ではある。質問の文にこの語を用いなかったならば、結果は違っていたのではないか。

 今回ばかりではない。おなじような調査はしょっちゅうある。たまたま手もとに高橋徹『日本人の価値観・世界ランキング』(中央公論社、2003)という新書があるが、このなかで、たとえば「人生にとって宗教は重要か」という項目は、同様の感想を抱かせる。ちなみに「非常に重要」「やや重要」とした日本の回答者の割合は、73か国中72位という低さで、最下位の73位は共産中国である。ほか、下位にはやはり東欧や北欧の諸国がつらなる。「宗教は人民の阿片」と教育されてきた国ぐによりも低い数字というのだから、順位には違和感を覚える。

 お祓い、厄除け、安産祈願、合格、健康、交通安全、護符におみくじ、パワースポット、絵馬に破魔矢に縁起だるま……等々をもとめる参拝者によって、盆暮れ正月はもちろん、日常的に神社仏閣はにぎわっている。SNSを眺めていても、日本人であること自体があたかも宗教であるかのような文化にも思えるが、それを除いたとしても、首を傾げたくなる。しかし、宗教という抽象的な概念が理解できていない人びとの回答ということであれば、合点もいく。あるいは「初詣で神道」と「葬式仏教」は宗教にカウントされないものかもしれないし、はたまた「日本人なら無宗教と回答すべし」という教義の宗教なのかもしれないし。

 さて、パチンコ店の前で「感染したら、そんときはそんときだ」とでも嘯いているひとなども、ひょっとすると政治家や疫学者の要請の趣旨がわかっていないのであろう。依存症のひとは気の毒だが、やらせてあげれば良いと思う。ただし、14日間は店から出られない決まりにでもすれば安心だ。……それにしてもパチンコって、そんなに面白いものか。そんなに勝てるのか。なにがしかでも稼げるならば、経済活動ということになり、テレワーク化し難い「やむを得ない出勤」に該当しそうではあるが。

 賭博にして賭博にあらず。けだしパチンコほど、現代日本の矛盾を凝縮したような産業もそうあるまい。北のミサイル開発とか、警察利権とかいろいろ囁かれるところだが、利用者のみならず幅広い関係者を儲けさせる、現世利益に特化した神社のようなものか。

 

*参照:

www.sankei.com

togetter.com

diamond.jp

pachinko-shiryoshitsu.jp